目元をスッキリ若返り法

睡眠で目元のたるみ対策

美肌を作るためには、しっかりとした質の良い睡眠を取ることが重要だという話は皆さんご存知なのではないでしょうか。

 

これは、目元のたるみにも言えることなのです。

 

ただ長く寝ればいいというわけではなく、「質の良い睡眠」を取ることが大切なのです。

 

特に22時〜2時の間にぐっすり眠ることが出来るようにするといいでしょう。

 

この時間は、肌の細胞が活発に働く時間だと言われています。

 

年を取るほど睡眠時間は短くて済むようになるようですが、7時間は眠るようにしたいですね。

 

仕事が忙しくてなかなか7時間睡眠をすることが出来ないという人もいるかもしれませんが、何とか時間調整をして、最低でも6時間は眠ることが出来るといいでしょう。

 

それから、横向きで寝ると目元のたるみが悪化する可能性があります。

 

横向きで寝るとシワを作る原因になってしまったりもするので、横向きで寝ている人は、出来るだけ仰向けで寝ることが出来るようにしていきましょう。

 

また、睡眠時間が少なくなってしまうと、肌の新陳代謝機能も乱れてしまいます。

 

そうなると、日中に受けた紫外線などのダメージが、目元のたるみとして現れてしまうことがあるので、自分の睡眠時間は足りているか考えてみたほうが良いですね。

 

寝不足になるとくまが出来ると言いますが、目元のたるみがある状態だと、かなり目立つくまが出来てしまうことも珍しくありません。

 

普段からくまに悩んでいる人も、出来るだけ適切な睡眠時間を確保しましょう。

 

寝すぎは逆効果になるので、6時間〜8時間で考えるといいですね。

睡眠で目元のたるみ対策関連エントリー


気になる目元のたるみの原因や解消法を紹介します

Copyright (C) 2010 目元のたるみ解消ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

睡眠で目元のたるみ対策